肝斑とは

肝斑とは一般にシミとも言われますが、日光性のシミ(老人性色素斑)とは異なり、特徴としては、主に両頬や額に左右対称性で境界があり、地図のようにべったりとして見えるシミです。30~40歳以上の女性に多く見られます。初めは何となく頬がくすんだ感じがする程度ですが、放っておくとしだいに範囲が広がります。肝斑はくすみや日光性のシミと重なっている場合も多く、肉眼で分かりにくいことがあります。

女性ホルモンやストレスなどとの関連が深く、治療が難しいといわれている肝斑。原因として、紫外線、妊娠、出産後など様々で更年期、ピル内服中などに出現したり季節により増悪する事があります。フォトフェイシャル施術のみでは改善が緩徐で、レーザーの種類により逆に濃くなる場合もあり、治療には時間を要します。

シミの種類

肝斑

30〜40歳の女性に多く見られ、両頬や額に左右対称にできるべったりとして見えるシミ。女性ホルモンが関与していると言われています。

老人性色素斑

紫外線に長期間さらされたことによりできるシミ。紫外線にあたった影響が出ていると考えられます。

雀卵斑

遺伝的な要素が大きい比較的浅いシミ。小さな茶色いシミが鼻を中心に左右の頬に対称に現れます。

炎症後色素沈着

ニキビや火傷、虫刺されやケガなどの炎症が原因で起きる色素沈着。皮膚で強い炎症が起きた後に、その修復過程で皮膚が黒くなる現象です。

ADM

遅発性太田母斑様色素斑または後天性真皮メラノサイトーシスと呼ばれ、20~30代の女性に多く、加齢や日焼け、ホルモンバランスの崩れにより悪化。両頬上部や目の下を中心に増えてくるアザの一種です。

脂漏性角化症

老人性疣贅とも呼ばれ、紫外線や老化により現れます。高齢者の顔などに多く見られる少し盛り上がった茶色~黒色の表面が少しざらついたできものです。

レーザートーニングとは

レーザートーニングとは、QスイッチYAGレーザー「MedLite C6」による肝斑の新しい治療法です。これまで肝斑にレーザー治療は禁忌とされてきましたが、その肝斑への画期的な治療法として、レーザートーニングは非常に注目されています。肝斑の他にも、開いた毛穴やくすみにも効果的で、治療後は肌がツルツルになると多くの方が実感しています。

肝斑治療を可能にしたポイント

① レーザーの均一な照射を実現

レーザートーニングでもっとも重要なのは、レーザーが照射される形です。通常、シミ治療で使用するレーザーは、照射するとレーザービームの真ん中のエネルギーがいちばん高くなり、端にいくほど弱くなる【ガウシアン型】です。

【ガウシアン型】のレーザー照射では、パワーが弱すぎる端の部分では効果がみられず、強すぎる中心部では炎症を起こして肝斑が悪化する可能性があるため、今までのレーザー機器では肝斑治療に適していませんでした。

これに対し、レーザートーニングで使用する「MedLite C6」は、レーザーがフラットに照射される【トップハット型】で、均一にエネルギーを届けることで、肝斑の悪化を防ぎつつ、効果的で確実な治療が可能になりました。

  従来の【ガウシアン型】 MedLiteC6の【トップハット型】
ビーム
プロファイル
皮膚の断面
イメージ図
皮膚を
上から見た
イメージ図

② 炎症を起こさずに、メラニンを破壊する

肝斑は、ホルモンバランスの崩れなどの原因によって何らかの作用で常に炎症が続き、その結果メラニンをどんどんつくりだす「炎症性の色素沈着」を起こしている状態です。ちょっとした刺激でもメラノサイトが活性化しやすい状態になっていますので、今までと同じようにレーザー治療をすると悪化させることがあります。

レーザートーニングでは、炎症を起こさせないくらいの弱いパワーでレーザーを照射し、メラノサイトを活性化させる原因となる刺激を起こさせることなく、肌の中に滞留しているシミの原因であるメラニンを少しずつ壊していくことで、安全で確実に肝斑を治療します。

③ より早く確実な効果を実感

これまでの肝斑治療は、レーザー治療が行えなかったため、ビタミン類の内服やハイドロキノンなど漂白作用のある外用薬を長期的に行うことしかできませんでした。

しかし、レーザートーニングでは、基本的に1週間に1度のペースで5回程度の治療で肝斑の改善が見られます。メラニンの排泄には数日~数週間かかりますが、治療毎に少しずつ改善していきます。かさぶたやマイクロクラストはほとんどできず、肝斑部分以外にも全体的な美白、肌質の改善もみられます。

④ 施術後すぐにお化粧をして帰れます

レーザートーニングはお肌に負担のない治療で、かさぶたなどのダウンタイムや痛みもほとんどありません。施術後すぐにお化粧をしてお帰りいただけます。絆創膏やテープで覆う必要もなく、かさぶたやマイクロクラストはほとんどできませんので、普段通りの生活を送ることができます。